間口グループ

ニュース
NEWS

2018年1月30日

「関西広報100研究会」による合同記者発表会が弊社会議室にて開催されました

パネルディスカッションでは、保育園設立について多くの質問をいただきました(向かって左が弊社王文艶取締役執行役員)

関西の企業や団体約60社の広報担当者などで構成される「関西広報100研究会」による、合同記者発表会が1月30日、間口グループ本社の会議室にて開催されました。
当日は『日本経済新聞』などの新聞やメディア10社が取材に訪れる中、「健康的に生きる・働く」をテーマに15社の企業がそれぞれの取り組みについて発表しました。
弊社はかねてより働き方改革の一環として取り組んでいる「社員専用保育園」の設立や(株)イトーキ様が提唱する「健康経営オフィス」導入などについての発表を行いました。さらに「働き方改革」をテーマとしたパネルディスカッションにもパネラーとして参加し、他業種の2社の方とともに、企業の働き方改革についての意見交換を行いました。

「関西広報100研究会」は、2015年1月に発足した団体で、関西の企業や団体の広報担当者などにより、ほぼ毎月、広報に関する各企業の事例や成功例を共有する勉強会を開催しています。弊社も2017年から会員として参加をしており、今回3回目となる合同記者発表会に会場提供という形で協力をさせていただきました。