間口グループ

ニュース
NEWS

2018年7月30日

間口アグリファクトリーと北広島町(広島県山県郡)が 農業参入に関する協定を締結しました。

MAF 浅沼康宏代表取締役社長(左)と北広島町 箕野博司町長(右)

間口アグリファクトリー(MAF)と北広島町が農業参入に関する協定を締結する運びとなり、7月30日(土)北広島町役場にて調印式を執り行いました。

本協定は、MAFが北広島町西宗地区で農場を開設し、営農を円滑に行うため、地域との連携や補助事業などの実施について締結するものです。圃場(ほじょう:作物を栽培する田畑)や用水などの確保に関わる基盤整備、農場およびその周辺における環境保全、地域社会との調和などが取り決められました。
北広島町からは本協定の締結によるMAFの農業参入で、地域農業の発展、地域経済の浮揚につながると期待されています。

MAF営農圃場(北広島町西宗地区)