間口グループ

間口グループの未来への挑戦! ともに笑顔を。ともに未来を。

未来への挑戦!

間口ホールディングスがスタート。2018年4月、間口グループは間口ホールディングス株式会社を親会社とするホールディングス経営へと生まれ変わりました。昨今、情報化社会が高度な発展を遂げ、あらゆる業界でビジネスがグローバル化し、市場と流通の構造がダイナミックに変化している中、サービスの品質と満足度を向上させるべく、新たな組織体制で、皆さまのビジネスを支えます。これから先、お客さま・社会に求められるものは何か?わたしたちのキーワードは「ともに笑顔を。ともに未来を。」新しいアイデアをもって次代へと取り組み、よりお客さまにご支持頂ける間口グループへと発展していきます。

間口グループ 挑戦の歴史 間口グループはこれまで、より良い社会のために、たくさんの挑戦をしてきました。その挑戦の歴史を、少し振り返ってみたいと思います。

History

  • 1901年 大阪市西区湊屋町において、艀回漕業に船内荷役および沿岸荷役を併せて創業。
  • 1937年 合同会社間口組を、株式会社に改組。海運貨物取扱業などを開始し、港湾に関わる事業の拡大を図った。
  • 1947年 間口運輸株式会社を設立。翌年、通関業を開始。港湾内での事業をさらに拡大させる。
  • 1960年 大阪港の船内荷役事業免許(第1号)を取得。また、港湾業界で初めてとなる事業内職業訓練所を設置。新たなる業務、海運代理店事業・海運仲立業も開始させた。
  • 1970年 大手スーパーの配送センターの構内作業を請け負う。間口グループにおける物流オペレーション事業の始まり。海から陸へ、陸運事業が広がっていく。
  • 1980年 倉庫事業、海上コンテナ業務を開始。大阪港の港湾荷役事業免許(無限定)を取得。
  • 1990年 海外事業、国際輸送事業を開始。中国・香港へと進出、事業を海外展開。グループ統括会社として、間口運輸株式会社を株式会社間口に商号変更。汐見倉庫株式会社を間口運輸株式会社へ商号変更。
  • 2000年 新社屋を大阪市港区海岸通の地に竣工。本社を移転。人材派遣事業、技術物流事業を開始。
  • 2010年 農業関連事業・花卉事業・調査事業・ビジネスコンビニ事業を開始。経営の多角化によりさらなる飛躍を目指す。また、事業構造の再構築など、分社政策を進める。

そして2018年 間口ホールディングスに生まれかわった!!

さぁ。次代へのチャレンジ!その基本となる、わたしたちの想いをご紹介。間口ホールディングス4つの想い

間口ホールディングスは、より良いサービス提供のために4つの想いをもって設立しました。

  • 1.未来を見据えたグループ経営戦略策定 間口ホールディングスはグループの経営戦略を策定し、経営資源の最適化と経営基盤の安定化を図ります
  • 2.スピーディーな意思決定 事業会社の権限と責任を明確化し、意思決定の迅速化を図ります
  • 3.より高い生産性と競争力 事業会社は自らの専門性を高め、生産性の向上と競争力の強化を図ります
  • 4.事業のサステナビリティ コーポレートガバナンスを強化し、リスク対策とコンプライアンスを徹底遵守することで事業の継続性を確保します

ともに笑顔を。ともに未来を。

間口グループは、これからもさらなる挑戦を。 わたしたち間口グループは、これまで、お客さまのために、社会のために成長を続けるための挑戦をしてきました。今回のホールディングス経営もその一つ。時代のうつりかわりがあっても、求められることは変わりません。すべては人々の笑顔のために。さらなる未来づくりへと、一歩一歩進んでいきたいとおもいます。