間口グループ

サポート・お問い合わせ
SUPPORT

シミュレーションシステムで最適配送検証!

間口におまかせ 間口におまかせ
配送シミュレーションシステムを使用し、お客様の理想の配送形態を検証、ご提案致します。
  • 人とコストを掛けることなく理想の配送形態を検証できます。
  • 納品時間帯や集荷・積込時間帯の変更、共同配送など、配送の効率化の要素は多岐にわたり、その組合せは無限です。
    机上では大変な時間と労力を要する膨大な情報の解析もシミュレーションシステムを利用することにより最適な方法を容易に見つけることが出来ます。
メリット

積載効率と車軸回転率の向上、車両数の削減のためには・・・

お客様のお悩みについて内容をヒアリングし、シミュレーションを行い、検証結果をご報告致します。
例えば・・・
  • 業務内容:西関東(神奈川・東京・埼玉・静岡)における食品配送業務
  • 納品先数:265店舗
  • センター所在地:東京都西部
  • 納品時間帯:20:00~翌4:00
  • 納品形態:カーゴテナー

当初は、 「車輌台数:41台/日」「車輌回転率:2.2便/日」となっており、費用が割高であった。

シミュレーション

納品時間帯を変更して

全店舗「20:00~翌4:00」であったものを、センターとの時間的距離が短い店舗より、
(1)14:00~17時 (2)19:00~24:00 (3)24:00~翌4:00
と納品時間帯を切分けを行ってシミュレーション実施

コスト削減率1.4%

「車輌台数:36台/日」「車輌回転率:2.5便」となり、車輌台数が削減され、回転率がアップし、配送効率の改善が見込まれる結果となったが、稼働時間数及び走行距離が増加した為、人件費・変動費が増加し必ずしも大幅なコスト低減には至らなかった。

シミュレーション

センター所在地を変更して

センター位置が各店舗より離れている為、走行時間が長くなり、複数回のピストンを行うには非常に難しい位置関係となっていた為、センター所在地を東京中部へ変更し、シミュレーション実施

コスト削減率27.1%

全ての費用項目に対してコスト削減が見込まれる結果に。
大幅な配送コストの削減を目指すのであれば、センター位置を変えることが最も有効であるとのシミュレーション結果をご報告