CROSS TALK

間口ってどんな会社?働きやすさは?業界のこと知らなくても大丈夫?

現場で活躍している社員が間口についてのアレコレを大いに語り合いました!

TALK MEMBER座談会メンバー

[ 間口ロジスティクス株式会社コープこうべ魚崎浜要冷センター出張所所属 ]

  • まぐぴょん
  • 竹久 慶隆役職:副所長 入社23年目
  • 大久保 好隆総合職 入社4年目
  • 堀口 優平総合職 入社3年目

TALK O1

間口ってどんな会社?

人に優しくて、力持ちな会社です!

まぐぴょん

間口とは、どんな特徴を持った会社でしょうか?


大久保

間口は、常に新しい事に挑戦していく会社です。港湾事業から始まり、次々に新しい事業を展開してきたという歴史が、それを証明していると思います。


竹 久

コンプライアンスに沿った優良企業ですね。社是や経営理念にもあるように、人に優しく、社員にも優しい会社だと思います。


まぐぴょん

間口の社員はどんな人が多い印象でしょうか?


大久保

既存の方法にとらわれないで、他人が考えないような発想力を持っている人ですね。


竹 久

間口には、コミュニケーション力と発想力の豊かな人が多いです。明るく楽しい部署は、必ずと言っていいほどコミュニケーションがよくとれています。


まぐぴょん

一人ひとりの力が間口のパワーを生んでいるんですね。


竹 久

10,000を超えるヒトヂカラがあり、会社が多方面で活躍できる大きなエネルギーになっていると思います。


大久保

変化を恐れない人が多く、会社が常に前進し続けているというイメージがあります。


竹 久

物事を多方面から、また逆から見て、少しのひらめきを持つ。そんな人が集まり、成長の原動力になっているんだと思います。


まぐぴょんのひとこと

間口という企業像は、「気は優しくて、力持ち!」という言葉がぴったりのようです。社員もやわらかな発想を持った気さくな方が多く、その一人ひとりの力が結集することで、間口の大きなパワーを生み出しているんですね!

TALK O2

間口は働きやすい?

若い感性が、存分に活かせる環境です!

まぐぴょん

職場の雰囲気や環境はどのような印象ですか。


堀 口

間口は、人を大切にする社風の通り、大らかな人が多く、落ち着いた雰囲気です。若い社員も臆することなく、伸び伸びと働きやすい環境です。


大久保

先輩や上司の指導も丁寧です。入社時の座学研修・OJT研修に始まり入社時1年間に渡る研修制度、先輩社員がきっちりサポートしてくれるメンター制度など様々なフォローがあるので仕事も覚えやすく、安心して働ける環境が整っていると思います。


まぐぴょん

若手でも活躍できる環境でしょうか。


竹 久

私が指導する場合は、部分的に少しずつ理解できるようにしていくので、若手でも問題なく仕事を任せられます。


大久保

若くして活躍している方もいますし、現場の最前線を管理するポジションに抜擢される可能性もあります。


竹 久

女性社員も、管理職として活躍できる環境が整ってきています。むしろ、男性の多い職場には女性管理職が適任だと個人的には思います。


まぐぴょん

手当てや福利厚生についてはいかがでしょうか。


堀 口

充実していると思います。出張応援などで他地域をサポートする際も、食事の手当てや細かな出費も、出来るだけカバーしてもらえました。そして、海外研修や通信教育、フォークリフト免許取得、保養所、クラブ活動、社員専用無料保育園等色々な面で充実していると思います。


大久保

また、有給休暇も取得しやすいです。私用で急な用事ができた場合などにも安心して取得できます。


まぐぴょんのひとこと

コミュニケーションが取りやすい明るい職場なので、若手も伸び伸び働けるようですね。また、年齢や経験の有無に関わらず、若い感性や力を積極的に活かす環境づくりが、間口のさらなる成長につながっていくようです。

TALK O3

間口の未来像について

自ら変化を作り、業界をリードする会社に!

まぐぴょん

物流業界や間口の未来像についてお聞かせください。


竹 久

まず物流業界としては、機械化、ロボット化など、人に頼らないシステムが確立されていくと思います。


堀 口

人材不足が進む中、間口は今まで以上に社内のコミュニティを大切にし、多方面に人の輪を広げて発展していくと思います。


まぐぴょん

社員の個性が多様化するのでしょうか。


竹 久

少子高齢化が進むため、女性や外国人労働者が増え、社員のグローバル化や多様化が進むでしょう。


堀 口

社員も多様化しますが、社会のライフスタイルも多様化するので、間口も率先して新しい仕組みを構築したり、業務を変化させていくと思います。


まぐぴょん

例えば10年後、会社はどう変化するでしょうか。


竹 久

「間口って何の会社?」と言われるくらい。物流分野に限らず、さまざま分野にチャレンジをして、幅広く展開していければと思います。


堀 口

社会全体に貢献して、社内だけでなく、世の中の全ての人を大切にする、そんな会社になっていると思います。


竹 久

将来の成長のためには、良い人材の確保や、皆が活躍できる土壌作りが、今まで以上に大事になってくるでしょう。


まぐぴょんのひとこと

日本社会をはじめ、物流業界にもすでに変革の波は訪れているようです。それは、間口にとってはチャンスでもあるんですね。変化に対応するのではなく、自ら変化を作る人が、これからの間口や業界を牽引していくのでしょう。