社会への取り組み

Social Initiatives社会への取り組み

マグチグループは「社会に貢献 社員の幸せ」を経営理念に掲げ、社会貢献活動に力を注いできました。人々の暮らしを支えるエッセンシャルカンパニーとして、幸せな社会の実現に向けた取り組みを行っています。

マグチグループ友友会の活動

  • 1 貧困をなくそう
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
友友会で集まった会費を寄付する様子

マグチグループでは、1999年に社員間の互助と社会貢献のために『友友会』を結成しました。会員は全国あらゆる場所で勤務するマグチグループの社員全員を対象にしており、正社員のみならずパート・アルバイト社員も多数参加しております。今日では、主旨に賛同する社員も増え、会員数は7,948名になりました(2024年3月現在)。会員は、就業日数1日につき2円を会費として拠出しており、集まった会費は、各種ボランティア団体、地域福祉施設、災害援助などの寄付金や社員への傷病・災害見舞金、弔慰金として使用しています。
また、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、大阪市を経由して医療機関へマスク20,000枚を寄贈させていただきました。近年は交通遺児育英会(あしながおじさん奨学金)、赤十字、ユニセフなどへの寄付も始めています。

活動概要

活動機関への支援

  • 大阪市港区築港地区更生保護女性会 善意募金
  • (福)海の子学園入舟寮・池島寮 寄付
  • 救護施設(福)みなと寮 寄付
  • 大阪市港区社会福祉協議会 善意募金
  • 港区築港地区名簿 賛助広告
  • 日本赤十字社 寄付
  • 日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)寄付

全ての団体名は敬称を省略させていただいています。
表記は寄付実施順。

災害活動への支援

  • 四川大地震(2008年)
  • ハイチ地震(2010年)
  • 東日本大震災(2011年)
  • ネパール地震(2015年)
  • 熊本地震(2016年)
  • 大阪府北部地震(2018年)
  • 7月豪雨(2018年)
  • 台風15号(2019年)
  • 台風19号(2019年)
  • 7月豪雨(2020年)

被災された方への支援及び、被災地の復興にお役立ていただくため、義援金を寄付させていただきました。

LINEスタンプ収益金の活用

マグチグループのブランドシンボルキャラクター「まぐぴょん」のスタンプを販売しています。
収益金は手数料を除き全てマグチグループ友友会を通じて寄付され、災害支援などに役立てられています。

ペットボトルキャップ収集活動
ペットボトルキャップの回収ボックス

ペットボトルキャップを収集・リサイクルすることで約500個につき1人分のポリオワクチンを寄付できる活動に参加しています。この社会貢献活動は2010年2月から始まり、全国の事業所でキャップ回収ボックスを設置し、社員全員が参加できる取り組みとして展開されています。

使用済み切手の回収

使用済み切手を回収し、寄付を行っています。

社内研修施設「夢良園」の活用

夢良園の外観

「夢良園」はマグチグループ社員・OB・ご関係者の方々、そして地域の皆さまに、 集い・学び・語らい・謳い・遊んでいただく施設です。故・間口良男名誉会長が大阪府高石市の私邸を「会社のために」と寄贈し、かつては「夢良庵」の名前で社内活動に利用されていましたが、2023年にグループ創業120周年の記念事業としてリニューアルし、「夢良園」が誕生しました。約800坪の敷地の中には、イベントや会合に利用できる本館のほか、四季折々の自然を楽しめる庭園、会社の貴重な資料を展示した歴史館、地域のお子様も通う相撲道場などがあり、人々が縁を結び、和む場所として広く愛されております。